無塩せき商品

 

無塩せきハム イメージ

「無塩せき」とは、ハムソーセージの製造過程で原料肉を漬け込む際に、亜硝酸ナトリウムなどの発色剤を使用しないで製造することをいいます。タケダハムではさらに保存料や酸化防止剤など、他の化学合成食品添加物を使用せずに、天然の調味料・香辛料を加えて製造しています。

につきまして

化学調味料を使用していませんので、お肉本来の風味や旨味が楽しめます。

色合いにつきまして

発色剤や合成着色料を使用していませんので、一般のハムとは異なり、豚肉を加熱した時と同じような色合いに仕上がっています。

日持ちにつきまして

保存料を使用していませんので、一般のハムソーセージに比べ、賞味期間が短くなっています。

 


無塩せきロース

 


無塩せきポークウインナー

 

 

無塩せきベーコン

 

タケダハムの「無塩せき」シリーズは緑色のパッケージが目印です。

国産原料を使用し、お肉本来の美味しさを大切に製造しています。昭和50年代に、お客様の健康志向に応えるべく、業界の先陣をきって開発を始めました。試行錯誤を重ねて商品化して以来、多くのお客様や学校給食においても長年ご利用いただいております。